このページでは沖本屋古書部門の商品のうち、「沖縄の自然・文化」に関する本をテーマごとに以下の順にまとめ紹介しています。各テーマの中では基本的に、発刊の年が古い順に並べ、下に行くほど発刊の年が新しくなります。

・文化論
・芸能・芸術
・言語
・物語・文学
・自然・動植物
・宗教・生活風習
・伝統工芸
・武道・スポーツ



古書販売部責任者 ヨギ ユタカ

沖縄県公安委員会古物商許可 

第971010000246号


【ご注文に際して】

  • 商品を選ぶにあたっては、商品の写真、履歴や状態(シミ、ヤケ、キズ、破れなど)をしっかりご確認ください。
  • ご希望の商品が決まりましたら、「お問い合わせ・ご注文」のコーナーをクリックしてメールフォームを開き、氏名、メールアドレス、商品名、住所、電話番号をご記入の上、送付してください。
  • 本の代金とは別途、郵送料をいただきますが、送料は本の重量によって変わります。
  • ご注文をお受けしてから数日のうちに商品を発送します。商品とともに郵便振替用紙をお送りしますので、この振替用紙に記入された金額(お客さまへのご請求金額=本の代金+郵送料)をお近くの郵便局でお振り込みください。
  • もし、お受け取りになった商品にご不満がある場合、1週間以内にご返送いただければ、代金をお支払う必要はありません。この場合、返送代はお客様ご負担になりますので、ご了承ください。

【連絡先】

  • 住所:〒902-0067 沖縄県那覇市安里110-9-405 
  • 電話:090-6856-1575
  • FAX : 098-864-1575
  • Eメール:booksagashi@okihon.com



<文化論>

南島覚書

3,000円 
須藤利一著 
東都書籍 
昭和19年 
状態:背天地小口にヤケとシミ、表紙と扉に所有印、ビニールカバー










忘れられた日本〈沖縄文化論〉

2,000円 
中央公論社 
岡本太郎著 
昭和44年重版 
状態:カバーにスレ、シワ 本体ヨレ、署名、印




【評】最近テレビでは、日本をやたら褒めたたえる「すごいぞ日本」番組が目につく。中国や韓国などアジア各国に追いに上げられ、分野によっては追い越され「経済大国」の地位から滑り落ちる中、日本の素晴らしさを再発見することで、視聴者は失いかけた自信を取り戻す。これがウケているのかもしれない。

 心身ともに打ちひしがれた敗戦からあまり時間が経っていない時期の1950年代から1960年代にかけて、芸術家・岡本太郎は日本再発見の旅に出たが、現在の「すごいぞ日本」番組とまったく異なる視点からの試みだった。仏教など外来文化が入る前の、日本人の精神に流れる源流を探す旅である。

 日本の伝統や文化といっても、無意味な飾りたて、大げさな振る舞いや形式主義を感じるものは「つまらない」と切って捨てる。ただ、純粋な心的エネルギーのほとばしりや自由な精神の躍動を凝視した。

 そんな旅のうち、まだ米軍占領下にあった沖縄についてまとめたのが『忘れられた日本 沖縄文化論』だ。歴史的な事実の紹介は最低限に抑え、芸術家として心ひかれたもののみに焦点を合わせる。「私を最も感動させたものは、意外にも、まったく何の実体も持っていない――といって差支えない、御嶽だった」と語る。

 御嶽(ウタキ)から受けた衝撃を次のようにつづる。「何かじーんと身体にしみとおるものがあるのに、われながら、いぶかった。なんにもないということ、それが逆に厳粛な実体となって私をうちつづけるのだ。(中略)あの潔癖、純粋さ。――神体もなければ偶像も、イコノグラフィーもない。そんな死臭をみじんも感じさせない清潔感。神はこのようになんにもない場所におりて来て、透明な空気の中で人間と向かいあうのだ」。

 文化を語ろうとすれば、彫刻や建築など形から入り、それを比較し分析しようとうする。しかし、「なんにもない」御嶽に心を寄せ、「なんにもない」ことに感動し、その凄さを語るとは、芸術家・岡本太郎ならではだろう。

 ひたすら透明で、一点の曇りのない神秘に、日本人の根源的な信仰を見ようとする。今でこそ、熊野と沖縄の文化の類似点が語られるようになったが、1964年『中央公論』で発表した「火・水・海賊」(熊野文化論)で彼が、「熊野の深くしずまった暗い神秘」と沖縄の御嶽は同じ根を持つと指摘したことも興味深い。知識や論理ではなく直接心に働きかけようとする文章は、今も読み手をひきつけ止まないものがある。(T)







日本人の起源と沖縄

1,200円 
小野隆祥著 
三一書房 
1972年
状態 : 背ヤケ、天ヤケ












沖縄の民俗文化

1,000円 
沖縄文化協会編 
沖縄タイムス 
1981年 
状態 :背、 天地、小口にヤケ・シミ、年月日
















沖縄学の黎明

 
3,000円 
伊波普猷生誕百年記念会編 
沖縄文化協会 
状態:函ヤケ・シミ、本体少シ











ひと・もの・ことの沖縄文化論

1500円 
渡名喜明著 
沖縄タイムス
1992年
状態 : カバー少キズ



















太田良博著作集①琉球の女歌人

1,600円 
ボーダーインク 
2003年 
状態:天に少汚れ、他は良









<芸能・芸術>


 沖縄童謡集

1,000円 
島袋全發著 
平凡社     
昭和47年 
状態 : 函ヤケ、本体シミ、赤鉛筆で書き込み
















琉球舞踊入門

1,800円 
宜保栄治郎著 
那覇出版社 
昭和54年 
状態;少シミ










沖縄を彫る

1,000円 
金城実著 
現代書院 
1987年 
状態:カバー背ヤケ、天小口にシミ










沖縄の遊行芸

3,000円 
池宮城正治著 
ひるぎ社
1990年 
状態 : カバー少々スレ

【評】琉球王国の首都・首里の郊外に戦前まで住んでいた一団の人々、ニンブチャーやチョンダラーが受け継いだ芸能についてまとめている。ニンブチャーとは葬儀で鉦をたたいたり念仏を唱えたりして死者を弔う者であり、チョンダラーは正月などのお祝いに人形芝居のほか、万才系の芸能(掛け合いの話芸であり、漫才のもとになったといわれる)を演じた者。彼らが口にした歌詞やその訳詞をはじめ芸の詳細を解説している。彼らの芸能は庶民生活の喜怒哀楽に深くかかわるとともに、沖縄を代表する芸能であるエイサーの源流ともいわれるが、日常的には貧しく賤しめられていたとされ、華やかさだけでは語りつくせない芸能史の奥深い一面を感じさせる。(T)










新版画風土記 沖縄

2,500円 
儀間比呂志著 
海風社 
1989年 
状態:帯に虫食い、見開きにシミ、著者サイン、ハードカバーの天に虫食い





【評】てぃーだ(太陽)に向かって、幹を伸ばす樹木のように、著者の素朴で力強い版画は、観る者に元気を与える、そんな気がします。

 民話やカレンダーの挿絵で親しまれて来た彼が、当時の沖縄(1980年代後半)を取材して「変容を重ねる故郷について版画家として感じたこと〜」をモノクロやカラーの版画とともに沖縄への想いが綴られています。

 与儀公園の項目では、山之口貘の詩碑が・・えっ!そうだったのと、恥ずかしながら初めて知りました。(Y)




中国と琉球の三絃音楽

2,400円 
王耀華著 
第一書房 
1998年 
状態:カバー、天に少汚れ、シミ










民謡の旅 やんばるの歌と文化を訪ねる 26cm判

1,400円 
古木辰治著
沖縄フェース出版
平成13年
状態 : 良











<言語>

琉球語便覧

1,800円 
伊波普猷著 
糖業研究会 
昭和44年復刻版 
状態:カバーヤケ・シミ・破れ









琉球における仮名文字の研究

4,000円 
東恩納千鶴子著 
球陽堂書房 
昭和48年 
状態:函ヤケ、本体少シミ、ヤケ











沖縄の言語史

1,200円 
外間守善著 
法政大学出版局  
1971年 
状態 : 函ヤケ、汚れ、本体シミ











八重山のことわざ

1,600円 
瀬名波長宣著 
沖縄春秋社 
昭和51年 
状態:カバー・天にシミ









.続 八重山方言の素姓

3,000円 
宮良泰平著 
昭和54年 
状態:カバースレ・小破れ













沖縄ことわざ事典

1,800円 
仲井真元楷著 
月刊沖縄社 
1992年
状態:カバー少汚れ、天・小口に少シミ








奄美・沖縄 女のことわざ

1,600円 
田畑千秋 
第一書房 
1997年 
状態:背表紙少ヤケ、小口に少シミ、裏見返しに日付の書き込み








【評】いにしえからの人と人が織り成す模様を、とりわけ女性を巡る日常生活から滲み出たその模様を、人は知恵や訓戒として残してきた。そんなことわざの面白さに出会え、思わず苦笑したり、辛辣さに驚かされる本。

例えばこれ、

 夫は塩漬けにしても生かせ

怖〜い!(Y)


沖縄の方言札

1,200円 
井谷泰彦著 
ボーダーインク 
2006年 
状態:帯ヤケ・スレ







<物語・文学>



琉球物語

3,000円 
新屋敷幸繁著 
鹿児島県社会教育協会 
昭和26年 
状態:背表紙と裏表紙に破れ欠損、全体的にヤケとシミ、表紙に所有者サイン









琉球小話 立体感ある沖縄の風土記

1,800円 
稲垣國三郎著 
沖縄文教出版 
状態:函イタミ、本体ヤケ










琉球怪談選集

2,000円 
石川文一著 
沖縄文教出版 
昭和48年 
状態:表紙破れ、スレ、シミ 









鑑賞日本古典文学 第25巻 南島文学

2,000円 
外間守善編 
角川書店 
昭和52年 
状態:天地小口に少シミ、函、帯付









19世紀における琉球をめぐる英米文学

1,400円 
外間政章著 私家版 
1986年 
状態:天と小口にシミ、著者の謹呈印、所有者サイン








光源を求めて 戦後50年と私  

1,400円 
大城立裕著 
沖縄タイムス 
1997年 
状態:天・小口に少汚れ


【評】戦後50年の沖縄とともに作家として自身の歩みを振り返ったエッセイ集である。興味深いのは1972年の本土復帰をどう捉えるか、知識人の考え方の違いである。すでに沖縄の復帰が既定路線になった段階でも、新川明氏らは「反復帰」を掲げるが、著者はこれに批判的な目を向ける。 

 「世に復帰論が燃え盛っているが、それに水をかけたのである。私が同化と異化などと鵺のようなことを言って、ある種の人たちには『大城は何を言っているか分からない』と、首をかしげられているはたで、きわめて明快に、『沖縄は明らかに日本とは別物である』と割り切り、堂々と『反復帰』を唱えたのである」。「まことに恰好がよい。が、私はこれを恰好が良すぎる、と見ていた」

 一方、著者は小説家という道を選んだせいだろう、思想的な明快さよりも現実を正確に描写することを選ぶ。「沖縄のアイデンティティーというものは、私には正直いって、同化と異化のはざまを揺れ動いている、まことに割り切れない、恰好のよくないものに見えた」と語る。

 また、作家として生活することの大変さも垣間見られる。著者は沖縄出身者として初めて芥川賞を受賞し、東京の編集者や作家から東京に出てくるように勧められるが、結局はこれらを断って琉球政府の公務員を続ける。「沖縄にこだわっている」と称賛されるものの、文筆だけで食べていく自信がなかったと告白する。小学生の息子たちを抱えていた。「東京へ出ていかなくてもよいようになったのは、まったく『沖縄』のおかげである。琉球政府の首脳部が、わざわざ考えてくれて、暇のところへ移してくれた。沖縄じゅうの名誉をあげ、自信をつけてくれた、という意味をふくんでいたようだ。東京あたりでは、受賞したとたんに職場で仲間はずれにされ、辞めろと言わぬばかりの嫌がらせをされる、という話も聞いたのだが」






沖縄の昔面影

800円 
金城和彦著 
那覇出版   
1997年 
状態 : 小口にシミ











沖縄・話のはなし  浮世真ん中

1,200円 
上原直彦著 
沖縄タイムス
2004年 
状態 : 少ヤケ













<自然・動植物>



沖縄の海の生物

1,000円 
白井祥平著 
風土記社 
昭和49年
状態:ハードカバーに少破れ・キズ・シミ







イリオモテヤマネコ 南海の秘境に生きる

1,600円 
今泉吉典著 
平凡社 
1978年 
状態:カバー少破れ・シワ、本体シミ
【評】 イリオモテヤマネコが発見されてまだ間もない1970年代、科学者として現地で生態調査を重ねる模様を、多くの写真を交え詳細に記録している。すでに当時から、イノシシの罠にかかって命を落としたり、生息区域が開発によって失われたりするなど、イリオモテヤマネコをめぐる危機的な状況がうかがえる。南の島々の片隅で細々と命をつないできた小さな生き物たちを絶滅させ、今も絶滅に追い込みつつある人間の横暴さを感じずにはいられない。(T)












琉球列島動物図鑑1 陸の脊椎動物

B5版  
5,000円 
池原貞雄、他著 
新星図書出版 
昭和59年 
状態:背・裏表紙にシミ








自然ガイドブック マヤランド西表島 全4分冊

4,000円 
安間繁樹 
新星図書出版 
1986年 
状態:函少スレ、少折れ、本体少シミ












沖縄海中生物図鑑 第3巻 魚

2,000円 
海中公園センター 
昭和63年 
状態:折れシワ













沖縄海中生物図鑑 第6巻 海藻 海浜植物

2,500円 
海中公園センター 
昭和63年 
状態:良









沖縄海中生物図鑑 第8巻 甲殻類 

2,500円 
海中公園センター 
昭和63年 
状態:表紙少スレ










沖縄海中生物図鑑 第9巻 サンゴ

2,500円 
海中公園センター
平成元年 
状態:良










.沖縄海中生物図鑑 第10巻 サンゴ  

2,500円 
海中公園センター
平成元年 
状態:表紙スレ、少折れ









方言でしらべる沖縄の魚図鑑

1,400円 
横井謙典著 
沖縄出版 
1989年     
状態 : 小口に少シミ











沖縄の危険生物 野外活動を安全にすごすためのガイドブック

1,400円 
諸喜田茂充 
沖縄出版 
1990年  
状態:裏表紙に小シワ


【評】 沖縄で生活することは身近な自然と共生すること。例えばヤールー(ヤモリ)。天井や家具の裏に潜み、時折、チッチッチッと鳴いてその存在をアピールする。沖縄ならだいたいどこの家でも飼っている(笑)。幸いヤールーは益獣と言われている。心配なのは畑や道に出没するハブのような害獣たち。海に遊べば危険な魚や貝やクラゲに遭遇。本当に怖いのはそれが危険な生き物だと知らないこと。危険生物の姿と生態、そして対処方を知って、先住者である彼らと共に平穏無事に暮らしたい。(Y)



南の島の自然観察 沖縄の身近な生き物と友だちになろう 

B5版 
1,600円 
土屋誠、その他著 
東海大学出版会 
1991年 
状態:天に少シミ、表紙に反りシワ、ビニールカバー








おもしろハンドブック 魚

1993年
1,400円 
泉見享著 
エポック 
状態 : ビニールカバー少縮み

【評】 沖縄近海でとれる魚284種を方言名と和名で紹介。生き物をきっちり学術的に解説する図鑑と異なり、「おもしろハンドブック」の名前のとおり、肩の力を抜いて楽しみながら魚の知識が身につく。イラストを交えながら、外見上の特徴に加え、海の中のどのあたりに生息するか、どんなものを食べるのか、どうゆうふうに調理して食べられるか、などが分かる。(T)

   



















沖縄県の野鳥

1,200円 
沖縄野鳥研究会 
沖縄出版     
1993年 
状態 : 天に小シミ
【評】本書は専門書でなく、子供向けの分かりやすい言葉で沖縄の身近な昆虫や珍しい昆虫を、見やすいカラー写真をつけて解説する。もともとは1959年4月から1993年10月にかけて、筆者が沖縄タイムスの子供欄に連載した記事。これにヤンバルテナガコガネやクメジマホタルなど4種の書き下ろしを加え、213種を紹介している。(T)















イリオモテヤマネコ ケイ太飼育日誌

1,200円 
池原貞雄 監修 
沖縄出版 
1997年 
状態:少シミ







南の島の昆虫記 

2,400円 
湊和雄著 
沖縄出版 
1998年  
状態:良

【評】県内で確認された野鳥約480種を、見やすいカラー写真とともに紹介。野外でも使いやすいコンパクトなつくりになっている。

 480種のうち9割は渡り鳥に含められる。沖縄など南西諸島は鳥たちにとって、九州から台湾まで1200キロにわたって延び安全な飛行ルートである上、暖かい亜熱帯の気候のおかげで越冬も可能とあって、多様な渡り鳥たちを集める。残り1割が、1年を通して沖縄で過ごし繁殖する留鳥だが、ヤンバルクイナやノグチゲラなど貴重な固有種が多い。かつて沖縄は大陸と地続きであり、この時期に渡ってきた種が、地殻変動によって小さな島に分断された後も生き延び、独自に進化し固有種となった。(T)







生態写真で見る沖縄の蝶

1600円 
具志堅猛 編著 
琉宮城蝶々園 
1999年 
状態:カバー少ヨレ

【評】コノハチョウは、羽の裏側は枯れ葉に似ているが、表側は鮮やかな光沢のある藍色の地にオレンジ色の帯が目立つ。オオゴマダラは金色の蛹とともに、日本最大のチョウとしても知られる。大きな羽をゆったりはばたかせ、フワッ、フワッと舞うように飛ぶ。このように県内で見られるチョウ72種を、大きなカラー写真とともに紹介・解説している。草花を育てる家が多い沖縄では自然の中はもちろん、街中や住宅のまわりでも、チョウの姿をよく見かける。人間の想像力を超える色や形の多様性は、まさに自然が創り出した芸術品である。(T)









自然の示唆と人生 野生からのメッセージ

1,000円 
高良鉄夫 
那覇出版社 
平成16年
状態:カバー少ヨレ






<宗教・生活風習>





琉球風土記

3,000円 
伊波南哲著 
泰光堂
昭和19年 
状態 : 全体的にヤケとシミ











南島採訪記

8,000円 
本田安次著 
明善堂書店版 
昭和37年 
状態:函ヤケ・キズ・割れ 本体シミ











沖縄の風土記 沖縄は生きている

A4版 
2,000円 
新星図書 
昭和48年 
状態:函にスレ、少し線状の落書き












近世沖縄の社会と宗教

2,000円 
島尻勝太郎著
三一書房 
1980年
状態:年月日記入、その他は良





【評】「近世沖縄の対外関係」「沖縄の外来宗教」「仲尾政次政隆の配流日記」の3部からなる。仲尾政次政隆とは琉球王朝末期、真宗布教によって流刑に処せられ、10年間八重山で過ごした人物である。

 この中で一番興味をひくのは、沖縄の外来宗教、特に仏教に関する記述だ。沖縄では庶民の宗教といえば、祖先崇拝といわれ、実際、戦後しばらく火葬ではなく洗骨葬(風葬)が一般的。また、近代以前でも肉食を忌み嫌う風潮もなかった。

 しかし、念仏者(ニンブチャー)による念仏歌を通じて、無常観、親孝行、祖先供養といった浄土の教えが広められ、仏教の思想は一部、沖縄の庶民にも浸透してきた。現代においても盛んなエイサーはもともと盆踊りに起源があり、念仏者や念仏歌の流れがエイサーにつながっているともいわれる。(T)








島痛み(しまちゃび)沖縄の離島に生きる

1,200円 
小玉正任著 
文教図書
昭和60年 
状態 : 天ヤケ、シミ









琉球文化と祭祀

1,600円 
福田晃 湧上元雄著 
ひるぎ社  
1987年 
状態 : 背ヤケ、スレ











沖縄の年中行事 ハンドブック

1,200円 
崎原恒新 
沖縄出版 
1990年 
状態:カバーヤケ・スレ










沖縄の聖地  26cm判

1,800円 
湧上元雄  大城秀子著 
むぎ社  
1997年 
状態 : カバー小キズ













奄美の暮らしと儀礼

2,000円 
田畑千秋著 
第一書房
1998年 
状態 : カバーにシール















沖縄ぬちぐすい事典

1,400円 
尚弘子著 
プロジェクト・シュリ
2002年 
状態:カバー本体ヨレ・シミ










藁算 琉球王朝時代の数の記録法

1,800円 
栗田文子著 
慶友社 
2005年 
状態:小口に少キズ その他は良









沖縄の癒しと祈り 暮らしの中の御願

1,600円 
高橋恵子著 
ボーダーインク         
2005年 
状態 : 良好










<伝統工芸>

炎と技 稲嶺盛吉 泡ガラスの世界

3,000円 
ニライ社 
1992年 
状態:カバー少ヤケ







金龍五色之雲〈首里城漆塗りのプロセス写真集〉

2,000円 
前田漆芸アトリエ 
1998年 
状態:著者署名、宛名書き












図説 琉球の伝統工芸

1,000円 
天空企画 
河出書房新社 
2002年
状態:良











図説 琉球の染めと織り

1,000円 
児玉絵里子著 
天空企画編 
河出書房新社 
2005年 
状態:良









<武道・スポーツ>


具志堅用高写真集タイトルマッチ

1,800円 
講談社 
昭和55年 
状態:カバー小キズ、ポスター付











沖縄の古武道具 鍛錬道具

2,000円 
外間哲弘 金城政和 共著 
琉球新報社 
状態:背ヤケ、カバー少破れ














攻防拳法 空手道入門

2,400円 
摩文仁賢和  仲宗根源和著 
榕樹書林 
2006年(普及版)
状態 : 良好