九州・沖縄地方に幅広く及ぶ研究テーマ 小野重朗先生卒寿記念論文集刊行委員会『南西日本の歴史と民俗』

 琉球文学や民俗学の研究に尽力した小野重朗氏の卒寿記念論文集として本書は1990(平成2)年に刊行された。「考古・歴史編」「文学・芸能編」「民俗・社会編」からなり、論文の研究テーマは九州・沖縄地方に幅広く及ぶ。沖縄に直接関連する論文としては、波照間永吉「宮古來間島のヤーマスィブナカ ―儀礼通過と歌謡―」、高橋六二「琉球王府の麦モミシキョマと麦穂祭」、比嘉康雄「久高島の空間観と神々」などがある。

※本書は当サイトで販売中。本の価格や状態は「沖縄の自然・文化」の<文化論>コーナーでご確認ください。ご注文は「お問い合わせ・ご注文」コーナーへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です